スサノオ」タグアーカイブ

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【62】

―「神話部分」を読む ― 天照大神と須佐之男命 ⑦ 天の石屋戸 – 2 – 故雖然為。 (かれ、しかすれども。) ところがそのような行状に対して、 天照大御神者登賀米受而告。 (アマテラス大御神は … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 神様から読む, アマテラス | タグ: , , , , , , | コメントする

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【61】

―「神話部分」を読む ― 天照大神と須佐之男命 ⑥ 天の石屋戸 – 1 – 爾速須佐之男命。白于天照大御神。 (ここにハヤスサノヲの命、アマテラス大御神にまをしたまはく。) そこでスサノヲがアマテ … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む, 神様から読む, スサノヲ, アマテラス | タグ: , , , , , , | コメントする

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【60】

―「神話部分」を読む ― 天照大神と須佐之男命 ⑤ 天の安の河の誓約 – 4 – 故此後所生五柱子之中。天之菩卑命之子建比良鳥命。 (かれ、こののちにあれまする いつはしらのみ子の中に、あめのほひ … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む | タグ: , , , , , , | コメントする

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【59】

―「神話部分」を読む ― 天照大神と須佐之男命 ④ 天の安の河の誓約 – 3 – 於是天照大御神告速須佐之男命。 (ここにアマテラス大御神 ハヤスサノヲの命にのりたまはく) そこでアマテラスがスサ … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む, 神様から読む, スサノヲ, アマテラス | タグ: , , , , , | コメントする

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【58】

―「神話部分」を読む ― 天照大神と須佐之男命 ③ 天の安の河の誓約 – 2 – 速須佐之男命。乞度天照大御神所纏左御美豆良八尺勾璁之五百津之美須麻流珠而 (はやスサノヲの命 アマテラス大御神の  … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む, 神様から読む, スサノヲ, アマテラス | タグ: , , , , , | コメントする

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【57】

―「神話部分」を読む ― 天照大神と須佐之男命 ② 天の安の河の誓約 – 1 – 故爾各中置天安河而宇氣布時。 (かれここに おのもおのもアメノヤスノカハを中に置きてうけふ時に) ということで両者 … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む, イザナギ, 神様から読む, スサノヲ, アマテラス | タグ: , , , , , , | コメントする

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【56】

―「神話部分」を読む ― 天照大神と須佐之男命 ① 須佐之男命の昇天 故於是速須佐之男命言。 (かれここに はやスサノヲの命のまをしたまはく) スサノヲが、イザナギに言上した。 然者請天照大御神将罷。 (しからば アマテ … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む, イザナギ, 神様から読む, スサノヲ, アマテラス | タグ: , , , , , , | コメントする

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【33】

―「神話部分」を読む ― 火神被殺 ① さて次は、イザナミの死の“後日談”になります。 それはイザナギの 「いとしい妻を一人の子供に代えることになった!」 との嘆きの言葉で始まります。 妻を亡くした夫の嘆き悲しむ様子を … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む | タグ: , , , , , , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【39】

ナガスネヒコ≪その三≫ 神武が征服しようとした時期の奈良盆地の統率者が、ナガスネヒコと称される人物だったのでしょう。 このナガスネヒコと古代出雲の関係は『古事記外伝―イズモ・クロニクル―』に書いています。 あの作品で、ス … 続きを読む →

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, 神様から読む, ナガスネヒコ | タグ: , , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【35】

神武東遷 ≪その三≫ さて神武ですが、全てが整って最初に目指したのが安芸(広島)地方です。 そこに7年滞在したと記されています。 安芸も、現在の広島とは様子が違います。 現在の平坦な市街地のほぼ全ては海の中で、山裾に沿っ … 続きを読む →

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・ | タグ: , , , , , | 3件のコメント
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 9