連載を読む」カテゴリーアーカイブ

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【85】

―「神話部分」を読む ― 大国主神 ⑨ 根の堅州國 – 4 – 於是其妻須勢理毘賣者。持喪具而哭來。 (ここに そのみめ スセリ姫は、はぶりつものを 持ちて 泣きつつ 来まし。) スセリ姫は、葬儀 … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む | タグ: , , , , , , , , , , | コメントする

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【84】

―「神話部分」を読む ― 大国主神 ⑧ 根の堅州國 – 3 – 亦鳴鏑射入大野之中。令採其矢。 (また なりかぶらを おおぬの 中に 射入れて、その矢を とらしめ給ふ。) 次に(スサノヲは)平原に … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む | タグ: , , , , , , , , , , | コメントする

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【83】

―「神話部分」を読む ― 大国主神 ⑦ 根の堅州國 – 2 – 於是其妻須勢理毘賣命。以蛇比禮授其夫云。 (ここに そのみめ スセリ姫のみこと、へみの ひれを そのひこぢに 授けて のり給はく。) … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む | タグ: , , , , , , , , , , | コメントする

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【82】

―「神話部分」を読む ― 大国主神 ⑥ 根の堅州國 – 1 – 御祖命告子云。 (みおやのみこと み子に のり給はく。) 母が息子に言った。 可参向須佐能男命所坐之根堅州國。必其大神議也。 (スサ … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む | タグ: , , , , , , , , , , | コメントする

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【81】

―「神話部分」を読む ― 大国主神 ⑤ 八十神の迫害 – 2 – 於是八十神見。且欺率入山而。 (ここに ヤソガミ 見て。また あざむきて、山に いて入りて。) それを知ったヤソ神は、再度(オホナ … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む | タグ: , , , , , , , , , | コメントする

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【80】

―「神話部分」を読む ― 大国主神 ④ 八十神の迫害 – 1 – 於是八上比賣答八十神言。 (ここに ヤカミ姫 ヤソガミに 答へけらく。) そこでヤカミ姫はヤソ神に答えた。 この前に八十神の『聘( … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , | コメントする

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【79】

―「神話部分」を読む ― 大国主神 ③ 稲羽の素兎 – 3 – 因此泣患者。先行八十神之命以。 誨告浴海鹽當風伏。 (これによりて、泣きうれひしかば。 さきだちて いでましし、ヤソガミの命もちて。 … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む | タグ: , , , , , , , , , , | コメントする

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【78】

―「神話部分」を読む ― 大国主神 ② 稲羽の素兎 – 2 – 爾其鹽随乾。 其身皮悉風見吹折故。痛苦泣伏者。 (ここに、その潮の 乾くまにまに。  その身の皮 ことごとに 風に 吹きさかえしから … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む | タグ: , , , , , , , , | コメントする

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【77】

―「神話部分」を読む ― 大国主神 ① 稲羽の素兎 – 1 – 故此大國主神之兄弟八十神坐。 然皆國者避於大國主神。 (かれ この大国主の神、あにおと やそがみ ましき。  しかれども みな 国は … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む | タグ: , , , , , , , , | コメントする

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【76】

―「神話部分」を読む ― 須佐之男命の大蛇退治 ⑥ 故其櫛名田比賣以久美度邇起而。 (かれ、その くしなだひめをもちて くみどに おこして。) 所生神名謂八嶋士奴美神。 (うみませる 神の名は やしまじぬみのかみ といふ … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む | タグ: , , , , , , , , , , | コメントする
ページ:1 2 3 4 5 6 27