ヤマタノオロチ」タグアーカイブ

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【72】

―「神話部分」を読む ― 須佐之男命の大蛇退治 ② 爾問賜之汝等者誰。 (いましたちは、たれぞと、とひたまへば。) (スサノヲが)「お前たちは誰だ。」と尋ねると、 故其老夫答言僕者国神、 (そのおきな あは、くにつかみ、 … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む | タグ: , , , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【13】

スサノヲ≪その五≫ オロチエリア、古事記にそれがどこからどこまでとは書かれていません。 オロチの説明として「体がひとつなのに八つの頭と八本の尾があり、大きさは八つの谷と八つの丘に及んでいる」とあります。 この表現を現実的 … 続きを読む →

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, 神様から読む, スサノヲ | タグ: , , , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【12】

スサノヲ≪その四≫ 高天原族の地を追放されたスサノヲは、『国つ神』と総称される部族の住む地域に現れます。古事記にはその地名が「出雲の国の肥(ひ)の河上、名は鳥髪(とりかみ)という地(ところ)」と明記されています。 現在の … 続きを読む →

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, 神様から読む, スサノヲ | タグ: , , , , , , , | コメントする

ヤマタノオロチ【13】

話を古事記に戻します。 大蛇を倒したスサノヲは、イナタ姫との新居の地を捜します。そして最も気に入った須賀の地に決めたと記しています。その時に詠んだ歌が、和歌の始まりだとされています。 その地が現在の須我神社です。 ですが … 続きを読む →

カテゴリー: スサノヲ, ヤマタノオロチ | タグ: , , , , , | コメントする

ヤマタノオロチ【12】

今の社会で、揃っていないから継承権云々を大騒ぎする人はまずいないと思います。 しかし、鎌倉時代以後の権力者が壇ノ浦でなくなっていたとの説を主張して皇室に譲歩を求めたことは十分に考えられます。 その後から江戸時代にかけて皇 … 続きを読む →

カテゴリー: スサノヲ, ヤマタノオロチ | タグ: , , , , | 2件のコメント

ヤマタノオロチ【11】

草なぎの太刀とは、ヤマトタケルが相模の国で野火攻めにあったとき草を刈り払ったと伝えられる太刀です。 この剣は名古屋の熱田神宮の御神体で、皇位継承の証である三種の神器のひとつです。 実はこの剣、壇ノ浦の戦いで海に沈んだまま … 続きを読む →

カテゴリー: スサノヲ, ヤマタノオロチ | タグ: , , , , | コメントする

ヤマタノオロチ【10】

さて古事記には、スサノヲが酔いつぶれた大蛇を斬り殺したので、斐伊川の流れが真っ赤になったと記されています。 おびただしい量の血が流れたのでしょう。おそらく人間なら何百という人数でしょうね。 そして中程の尾を切った時、刃こ … 続きを読む →

カテゴリー: スサノヲ, ヤマタノオロチ | タグ: , , , , | コメントする

ヤマタノオロチ【9】

古事記は、スサノヲが「垣を作り、その垣に八つの門を作り、門ごとに八つの桟敷を作り、桟敷ごとに酒おけを置き、桶ごとに酒を満たして待て」と命じたと記しています。 島根県雲南市木次町西日登の八口神社の別名は壷神様なのですが、こ … 続きを読む →

カテゴリー: スサノヲ, ヤマタノオロチ | タグ: , , , , | 6件のコメント

ヤマタノオロチ【8】

以上を考えますと、スサノヲが作らせたのは米で作る日本酒ではなく、果実酒であったということになります。 ではどのような果実だったのか? 出雲風土記には、植物の紹介の中にヤマブドウや桑の実が見えます。また日南町から奥出雲地方 … 続きを読む →

カテゴリー: スサノヲ, ヤマタノオロチ | タグ: , , , , , , | 2件のコメント

ヤマタノオロチ【7】

酒造りですが、古事記には「八塩折(やしおおり)の酒を醸(か)み」と書かれています。 これは何度も繰り返し醸造した濃い酒と解釈されており、恐らくほとんどの方が、この酒は日本酒でどぶろくのようなものと理解していると思います。 … 続きを読む →

カテゴリー: スサノヲ, ヤマタノオロチ | タグ: , , , , | 1件のコメント
ページ:1 2