月別アーカイブ: 2010年12月

はじまりの書~其ノ二

火の神の首をはねた剣に付いた血から8柱、遺体からも8柱の神が生まれます。 剣から生まれたのは、岩石・雷火・閃光・剣・谷間・水に関する神です。 遺体から生まれたのは、山・麓・山並みに関する神です。 古事記には、この殺害現場 … 続きを読む →

カテゴリー: イザナギ, イザナミ, イザナミの御陵(みささぎ), 連載を読む | タグ: , , , , | コメントする

はじまりの書

それではこれから古事記の『神話』部分に沿って、その舞台となっている山陰地方の『地』あるいは『地域』をご紹介します。 天と地が分かれた頃、高天原(たかまのはら)に17柱の神が現れました。最後の2柱がイザナキの神とイザナミの … 続きを読む →

カテゴリー: イザナギ, イザナミ, イザナミの御陵(みささぎ), 連載を読む | タグ: , , , , , , , | コメントする

第ニの殺害現場の「謎」

ところで、第二の殺害現場ですが、鳥取県日南町上石見(かみいわみ)の大石見(おおいわみ)神社に、手間の赤猪岩神社とよく似たお話が伝えられているのです。「大穴牟遅(おほなむぢ)が八上(やがみ)姫命を連れて逃げてきて隠れ棲んだ … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさん誕生秘話 | タグ: , , , , , , | コメントする

不死身の大国主命!?

手間(てま)で生き返った大国主命は、 ・・・あっ、そうだ! 皆さんに予備知識として、お伝えしておかないと・・・。 実はこの時の彼の名前は、大国主命ではありません。 この名前は、結婚してから須佐之男命が付けたものです。独身 … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさん誕生秘話 | タグ: , , , , | コメントする

古事記、日本書紀との出会い・・・

前回のつづきですが、私は、『大国主命』を調べようと、『古事記』『日本書紀』を読み、特に古事記を読んでいて驚きました。というのも、米子のすぐ近くで大己貴命(=大国主命)が殺され、生き返っているのです。 その地名『手間(てま … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさん誕生秘話 | タグ: , , , | コメントする

古事記おじさん誕生!

はじめまして、古事記おじさんです。 古事記おじさん??? いきなり、名乗られてもサッパリ意味がわからないですよね!? 実は私・・・、学者でもなく、宗教関係者でもなく、ただのおじさんです。 では、いったいなぜ、ただのおじさ … 続きを読む →

カテゴリー: 古事記おじさん誕生秘話 | タグ: , , , | 2件のコメント