アマテラス」タグアーカイブ

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【31】

タケミナカタ≪その三≫ 古事記は大国主と正妻スセリ姫の子供について、また大国主の息子タケミナカタの母親について何も記していません。そこには何かしら意図的なものが感じられます。 その意図とは、アマテラスの孫でもあるコトシロ … 続きを読む →

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, タケミナカタ | タグ: , , , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【26】

コトシロヌシ≪下≫ 一般的には、『青柴垣に打ち成して隠りき』の場面でコトシロヌシは死んだと解釈されています。 ところが、鳥取県中部の倉吉市福庭にある波波伎神社に、コトシロヌシのその後に関する伝承がありました。 「コトシロ … 続きを読む →

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・ | タグ: , , , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【21】

シタテルヒメ ≪上≫ シタテル姫は、たぶん全国的にはほとんど知られていない女神だと思います。 古事記でも高天原によって殺されたアメノワカヒコの妻として紹介されているだけです。 でも出雲と高天原を考えると、隠れたキーパーソ … 続きを読む →

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, 神様から読む, シタテルヒメ | タグ: , , , , , , , , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【13】

スサノヲ≪その五≫ オロチエリア、古事記にそれがどこからどこまでとは書かれていません。 オロチの説明として「体がひとつなのに八つの頭と八本の尾があり、大きさは八つの谷と八つの丘に及んでいる」とあります。 この表現を現実的 … 続きを読む →

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, 神様から読む, スサノヲ | タグ: , , , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【11】

スサノヲ≪その三≫ 父親から解放されたスサノヲは、アマテラスのところへ事情を説明に出かけます。 この部分はこれまで何度も説明していますので細かい内容は省略しますが、要はアマテラスが「天の石屋戸」に隠れてしまわなければなら … 続きを読む →

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, 神様から読む, スサノヲ | タグ: , , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【8】

アマテラス ≪その五 完結編≫ ここでのテーマは「もしも古事記の神々が人間だったら」ですから、「アマテラスが人間だったならどのような人物だったのか?」に対する私の結論を書きます。 私は、彼女は部族を束ねる立場の人物の娘だ … 続きを読む →

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, 神様から読む, アマテラス | タグ: , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【7】

アマテラス ≪その四≫ 第二交渉のワカヒコはタカミムスヒに殺されます。 もはや交渉人では問題解決できないということで「アマテラス大御神、詔(の)りたまひしく=アマテラスが仰せになった」と書かれています。 ここではタカミム … 続きを読む →

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・ | タグ: , , , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【6】

アマテラス ≪その三≫ ところが「アマテラス大御神の命(みこと)もちて=アマテラスの指示により」高天原の将来を託されて出かけたアメノオシホミミは、出雲勢の抵抗を受けて無様にも引き返してきたのです。 これを知ったアマテラス … 続きを読む →

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, 神様から読む, アマテラス | タグ: , , , , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【5】

アマテラス≪その二≫ アマテラスの三度目の登場は、葦原中国(あしはらのなかつくに)平定の場面です。 冒頭、いきなり「水と緑溢れる豊饒の地(=葦原中国)は、私の息子アメノオシホミミが治める国」とアマテラスが言った、との記述 … 続きを読む →

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, 神様から読む, アマテラス | タグ: , , , , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【4】

アマテラス 古事記の中でアマテラスが最初に登場するのは、死の国から戻ったイザナギが、水で穢(けが)れを清める場面です。 イザナギが左の目を洗った時にアマテラス、次に右の目を洗った時にツクヨミ、鼻を洗った時にスサノヲが生ま … 続きを読む →

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, 神様から読む, アマテラス | タグ: , , , , , , | コメントする
ページ: 1 2 3 4 5