神様の紹介」カテゴリーアーカイブ

0017

シタテルヒメの紹介

下照比売(したてるひめ) 大国主の神裔に、胸形(むなかた)のタギリ姫を妻として生んだ子として、兄アジスキタカヒコネと一緒に紹介されています。 国譲りで、高天原が送り込んだ交渉人第二号のアメノワカヒコが惚れ込んだ女性です。 … 続きを読む

カテゴリー: シタテルヒメ, 神様の紹介 | タグ: , , | コメントする

スセリヒメの紹介

須勢理毘売(すせりびめ) 古事記上巻・大国主の根の国訪問で、スサノヲの娘として登場しますが、スサノヲの神裔には書かれていません。意図的に書かれていないような気がします。 彼女は先王の娘で現王の妻ですから、女性としては最高 … 続きを読む

カテゴリー: スセリヒメ, 神様の紹介 | タグ: , , , , | コメントする

ヤガミヒメの紹介

八上比売(やがみひめ) 古事記では、因幡の白兎に登場する姫ですが、姫というからにはその父親が有力者だったはずです。因幡地方を調べたところ、彼女の父親の地と伝えられる「安蔵(あぞう)谷」という地域がありました。ヤガミ姫は、 … 続きを読む

カテゴリー: ヤガミヒメ, 神様の紹介 | タグ: , , , | コメントする

アマテラスの紹介

天照大御神(あまてらすおおみかみ) スサノヲのところで述べましたが、古事記ではスサノヲの姉であり高天原族のトップという位置づけで、天皇家・出雲国造家の祖です。古事記に、高天原がどこであるかの説明はありませんので、高天原族 … 続きを読む

カテゴリー: アマテラス, 神様の紹介 | タグ: , , , , | コメントする

タケミナカタの紹介

建御名方神(たけみなかたのかみ) 古事記では、国譲りのコトシロヌシの次に、大国主がもう一人の息子として紹介します。大国主の神裔には無く、母親が誰か分かりません。俗説として、諏訪のヌナカワ姫とかスセリ姫説もあります。 出雲 … 続きを読む

カテゴリー: タケミナカタ, 神様の紹介 | タグ: , , | コメントする

オオクニヌシの紹介

大国主神(おおくにぬしのかみ) 「出雲神話の中核は、オオナムヂがさまざまな試練を克服してオオクニヌシとなり、葦原中国(あしはらのなかつくに)を統一して地上界の王者になった」との解釈が一般的ですが、そもそも「出雲神話」なる … 続きを読む

カテゴリー: オオクニヌシ, 神様の紹介 | タグ: , , , , | コメントする

ナガスネの紹介

那賀須泥毘古(ながすねびこ) 古事記では中巻の神武天皇の東征部分で敵として登場。 登美(とみ)のナガスネビコと書かれていますが登美とは地域名で、大阪湾側から生駒山を越えた、生駒市から奈良市にかけての一帯と思われます。 ナ … 続きを読む

カテゴリー: ナガスネヒコ, 神様の紹介 | タグ: , | コメントする

スサノヲの紹介

須佐之男命(すさのをのみこと) 古事記神話『禊祓』(みそぎはらえ)の項には、イザナギが顔を洗った時「左目から生まれたのがアマテラス」「鼻から生まれたのがスサノヲ」と記しています。 その後イザナギに追放されたスサノヲがアマ … 続きを読む

カテゴリー: スサノヲ, 神様の紹介 | タグ: , , , , , | コメントする