スサノオ」タグアーカイブ

オオクニヌシ「根の国訪問」【3】

ピンチを切り抜けたオオナムチを見たスサノヲは驚いたはずです。 そこで更に過酷な試練を与えます。 広大な野原に鏑矢(かぶらや・音の出る矢)を放ち、それを「拾ってこい」と命じます。 現在の弓道の射程距離は十数メートルだそうで … 続きを読む →

カテゴリー: オオクニヌシ, オオクニヌシ「根の国訪問」 | タグ: , , , , , , | コメントする

オオクニヌシ「根の国訪問」【2】

スサノヲは出てきて彼を見ます。 そして「これは葦原色許男(あしはらのしこを)というのだ」と言って彼を館に呼び入れ「蛇の部屋」で寝るよう命じます。 この葦原色許男とは、スサノヲから数えて7代目の子孫に当たるとされています。 … 続きを読む →

カテゴリー: オオクニヌシ, オオクニヌシ「根の国訪問」 | タグ: , , , , , , , | 2件のコメント

オオクニヌシ「根の国訪問」【1】

もし「木国(きのくに)」が島根県東部から鳥取県西部の山中だったとすれば、スサノヲの「根の堅州国」までは直線距離で約40キロですから、普通に歩いて1日の距離です。 山間地から海へ向かっての下り坂ですから、必死に走れば3~4 … 続きを読む →

カテゴリー: オオクニヌシ, オオクニヌシ「根の国訪問」 | タグ: , , , , , , , , , | 2件のコメント

オオクニヌシ「八十神の迫害」【4】

問題は「木国(きのくに)」と大屋毘古(おおやびこ)です。 まず木国ですが、一般的には紀伊国(和歌山県)と解釈されています。 そして大屋毘古ですが、この神は林業の神様で、スサノヲの息子である五十猛(いたける)と同一神とされ … 続きを読む →

カテゴリー: オオクニヌシ, オオクニヌシ「八十神の迫害」 | タグ: , , , , , , , | コメントする

オオクニヌシ「因幡の白兎」【5】

因幡の白兎の物語は、ワニをだまして皮を剥がれた兎を、更に苦しめた兄弟達と助けたオオナムチの構図になっています。 しかし古事記の著者が目指したのは、溢れるエネルギーを見境なく発散させた若者達と自制心を持って行動したオオナム … 続きを読む →

カテゴリー: オオクニヌシ, オオクニヌシ「因幡の白兎」 | タグ: , , , | コメントする

オオクニヌシ「因幡の白兎」【1】

古事記は、スサノヲのお話が終わりますと大国主の物語になります。 しかしその前に、スサノヲの神裔(しんえい=系譜)の紹介で、スサノヲと大国主のつながりを書いています。 そこでは大国主をスサノヲの6世の孫としています。 つま … 続きを読む →

カテゴリー: オオクニヌシ, オオクニヌシ「因幡の白兎」 | タグ: , , , , | 2件のコメント

スサノヲは本当に悪か?【4】

もうひとつスサノヲの乱暴ぶりが紹介されています。これは高天原からの追放が決まってから付け足しのように書かれているのですが、オホゲツ姫殺害です。 スサノヲはオホゲツ姫に食べ物をもらいにゆきます。彼女は身体から食べ物をつくり … 続きを読む →

カテゴリー: スサノヲ | タグ: , , , | コメントする

スサノヲは本当に悪か?【3】

スサノヲとアマテラスの誓約(うけひ)で生まれた三人の娘と五人の息子ですが、私は、三人の娘はスサノヲとアマテラスの間の娘で、五人の男の子の父親はそれぞれの名前から、アメノオシホミミ・アメノホヒはA、アマツヒコネ・イクツヒコ … 続きを読む →

カテゴリー: スサノヲ | タグ: , , , , , , , , , | コメントする

スサノヲは本当に悪か?【2】

勘当が決まったスサノヲはすっきりしたのでしょう、アマテラスの所に別れの挨拶に出かけます。 スサノヲとしては、うるさいオヤジから離れられるのですからルンルンです。大はしゃぎで行くのはもっともなことです。 ところがそれを「国 … 続きを読む →

カテゴリー: スサノヲ | タグ: , , , , | コメントする

スサノヲは本当に悪か?【1】

古事記のスサノヲに関する記述は、細かいところは省いていますが、おおむね前回までにご紹介した内容で終わりです。 一般的に、スサノヲは荒々しい神とか手のつけられない乱暴者とされていますが、古事記を読む限りでは「たいしたことは … 続きを読む →

カテゴリー: スサノヲ | タグ: , , , | 4件のコメント
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9