大神山神社の秘伝【2】

「我が相見家は、大国主命の息子であるアジスキタカヒコネ神の血を受け継いできた家系ですわ」

宮司さんは話し始めました。

以下に、私とのやりとりを再現します。

「古事記で、シタテル姫の兄として登場する、あのタカヒコネですか?そんな家系が本当にあったのですか。今までそんなことは一言も仰らなかったじゃないですか」
宮司
「これは一子相伝で、息子達にも詳しいことは話しとらん。だけどあんたが一生懸命調べとるのを見とって、あんたになら話してもええと思うようになった」
「有難うございます。私はヤマト朝が成立する前に、この辺りに西日本をまとめ上げた勢力があったのではないかと思っています。それがイズモ王朝だと考えています。しかし文字のない時代なので、伝承以外に証拠がありません」
宮司
「あんたが伝承を調べとるのは知っとる。うちの家系の話は一子相伝だけんな、外には漏れとらん」
「タカヒコネの話は聞いたことがありません。どうして話す気になったのですか?」
宮司
「あんたが真面目にやっとるし、もう隠さんでもええ時代になったとも思うしな」
「島根半島からこの辺り一帯には、お宅のような家系があちこちにあるような気がしています。富さんという家系をご存知ですか?」
宮司
「知らんな」
「聞いた話ですが、大国主命の直系の血筋だそうです。この家も一子相伝により密かに維持してきたそうですが、多分最後の方が、インタビューに答えたものが本になったようです。私はプロローグしか読んでいません。この富家の先祖を祀った富神社が簸川にあるそうです。簸川に友人の宮司がいますので彼に 聞きましたら、富家は消滅し花田家に継承された。しかしこの花田家も消滅し、今は春日家が継承しているそうです」
宮司
「春日家?春日は親戚だ」

大国主命の血筋と、息子であるアジスキタカヒコネの血筋が親戚であるのは自然です。しかし、両家とも2千年間何度も「姓」を変え、住む地を変え、その血筋を秘匿し続けて来たのです。

現に、大国主命筋はこの30年程でも「富」→ 「花田」→「春日」と変遷しており、相見宮司は「富家」のことをご存じなかったのです。

その「春日家」と「相見家」が親戚とは、2千年のときを経て親子の血筋がつながっていたのです。

…つづく

カテゴリー: 大神山神社の秘伝 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。