タケミナカタ」タグアーカイブ

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【32】

タケミナカタ≪その四・完結編≫ スサノヲの資質を受け継いだタケミナカタは、出雲再興のため、母スセリ姫の指示に従い東の果て諏訪の地へ退いたのではないかと思います。 他方高天原勢力は、アマテラスの血筋であるコトシロヌシは生か … 続きを読む

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, タケミナカタ | タグ: , , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【31】

タケミナカタ≪その三≫ 古事記は大国主と正妻スセリ姫の子供について、また大国主の息子タケミナカタの母親について何も記していません。そこには何かしら意図的なものが感じられます。 その意図とは、アマテラスの孫でもあるコトシロ … 続きを読む

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, タケミナカタ | タグ: , , , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【30】

タケミナカタ≪その二≫ なぜ、タケミナカタだけが戦い、そして敗れたにもかかわらず殺されなかったのか? この点を考えるヒントとして「大国主の子供として書いているにもかかわらず、大国主の系譜には書かれていない」ところに注目し … 続きを読む

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, タケミナカタ | タグ: , , , , , , , | 6件のコメント

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【29】

タケミナカタ≪その一≫ タケミナカタは、古事記に登場する神々の中でも最も謎に満ちた存在の一柱です。 登場場面は『葦原中国の平定』後半部分ですが、唯一「武力抵抗した者」として描かれています。 結果は、高天原の将軍タケミカヅ … 続きを読む

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, 神様から読む, タケミナカタ | タグ: , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【27】

≪アジスキタカヒコネⅠ≫ アジスキタカヒコネは、神話物語部分ではアメノワカヒコの葬儀の場面に突然登場してどこかへ消え去るだけです。 でも大国主の血筋紹介である神裔(しんえい)の一番初めに、タギリ姫との間に出来た第一子とし … 続きを読む

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・ | タグ: , , , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【19】

スセリヒメ≪その六≫ 前回、古事記はスセリ姫を「嫌な女」に仕立てようとしているように思えると書きましたが、実際に当時の誰もが「嫌な女」と思っていたのなら、日本最初の歴史書に取り立てて書く必要はなかったのではないでしょうか … 続きを読む

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, 神様から読む, スセリヒメ | タグ: , , , , , , , , | コメントする

タケミナカタの紹介

建御名方神(たけみなかたのかみ) 古事記では、国譲りのコトシロヌシの次に、大国主がもう一人の息子として紹介します。大国主の神裔には無く、母親が誰か分かりません。俗説として、諏訪のヌナカワ姫とかスセリ姫説もあります。 出雲 … 続きを読む

カテゴリー: 神様の紹介, タケミナカタ | タグ: , , | コメントする

葦原中国平定「タケミナカタ」

古事記では、国譲りは「交渉により平和裏に行われた」と感じさせる表現になっています。 本当にトラブルなく行われたのでしょうか? 一か所、武力衝突があったと思わせる部分があります。 それは大国主のもう一人の息子、タケミナカタ … 続きを読む

カテゴリー: 葦原中国平定 | タグ: , , , , , , | コメントする