オノゴロ島」タグアーカイブ

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【25】

―「神話部分」を読む ― 伊邪那伎命と伊邪那美命 ⑤ 若いイザナギとイザナミは、本能のおもむくままに求め合ったことで正常な子供を生むことが出来ませんでした。でもこれは、肉体的に未熟な若者からは正常な子供が生まれないと決め … 続きを読む

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む | タグ: , , , , , | コメントする

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【22】

―「神話部分」を読む ― 伊邪那伎命と伊邪那美命 ② イザナギ・イザナミの国づくりは、若者が親の集団から離れて新たな地に移り住むという当時の実体験を下地にしていると考えられます。 当時は親集団での生活そのものが学習の場で … 続きを読む

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む | タグ: , , , | 3件のコメント

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【9】

スサノヲ ≪その一≫  古事記の中でスサノヲが初めて登場するのはアマテラスと同じ場面です。 彼は最後に紹介され、「海原をおさめよ」と命じられます。 あの場面で、イザナギは三人の子供に「昼」と「夜」と「海原」の管理を任せま … 続きを読む

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, 神様から読む, スサノヲ | タグ: , , , | コメントする

はじまりの書

それではこれから古事記の『神話』部分に沿って、その舞台となっている山陰地方の『地』あるいは『地域』をご紹介します。 天と地が分かれた頃、高天原(たかまのはら)に17柱の神が現れました。最後の2柱がイザナキの神とイザナミの … 続きを読む

カテゴリー: 連載を読む, イザナギ, イザナミ, イザナミの御陵(みささぎ) | タグ: , , , , , , , | コメントする