月別アーカイブ: 2014年3月

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【20】

スセリヒメ≪その七 完結編≫ 出雲に帰った大国主は、スセリ姫に事情を話したはずです。 王を父とし王の妃であったスセリ姫は、権力闘争とそれに翻弄される部族の惨状を十分理解していたはずです。 賢明なスセリ姫は、何も言わないで … 続きを読む

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, 神様から読む, スセリヒメ | タグ: , , , , , , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【19】

スセリヒメ≪その六≫ 前回、古事記はスセリ姫を「嫌な女」に仕立てようとしているように思えると書きましたが、実際に当時の誰もが「嫌な女」と思っていたのなら、日本最初の歴史書に取り立てて書く必要はなかったのではないでしょうか … 続きを読む

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, 神様から読む, スセリヒメ | タグ: , , , , , , , , | コメントする