月別アーカイブ: 2014年2月

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【18】

スセリヒメ≪その五≫ 琴の音で目覚めたスサノヲですが、あちこちに結びつけられた髪の毛をほどくのに手間取っている間に、二人はどんどん逃げて行きます。 黄泉比良坂(よもつひらさか)まで追いかけますが、二人との距離を縮めること … 続きを読む

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, 神様から読む, スセリヒメ | タグ: , , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【17】

スセリヒメ≪その四≫ 誰でも髪の毛の手入れをしてもらっていると、眠くなります。 スサノヲもうとうとし始め、やがて眠ってしまいますが、ここでスサノヲのオオナムジに対する気持ちの変化が書かれています。 これまで三度も無理難題 … 続きを読む

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, 神様から読む, スセリヒメ | タグ: , , , , , , , | コメントする