月別アーカイブ: 2012年9月

古事記に登場する神々の謎【4】天之常立神、国之常立神、豊雲野神

前回の宇摩志阿斯訶備比古遅神に続いて登場するのは、 (5)天之常立神(あめのとこたちのかみ) 五番目に登場する神で、「天(てん)」の根元(こんげん)とか永続性を神格化したと解釈されています。 ですからこの神は「高天原」「 … 続きを読む

カテゴリー: 古事記に登場する神々の謎 | タグ: , , , , , , | コメントする

古事記に登場する神々の謎【3】宇摩志阿斯訶備比古遅神

実は、『身を隠したまひき』の理由は分かりません。 これまで現れた三柱のあと、以下の二柱の神が現れます。 (4)宇摩志阿斯訶備比古遅神   (うましあしかびひこぢのかみ) 「あしかび」というのは「葦の芽」の意味だそうで、そ … 続きを読む

カテゴリー: 古事記に登場する神々の謎 | タグ: | 3件のコメント

古事記に登場する神々の謎【2】高御産巣日神と神産巣日神

【1】で紹介した天之御中主神に続いて登場する神は、 二番目が(2)高御産巣日神(たかみむすひのかみ)、 三番目が(3)神産巣日神(かむむすひのかみ) です。 この二柱の神の名は、「高御」と「神」が違うだけで、「産巣日」は … 続きを読む

カテゴリー: 古事記に登場する神々の謎 | タグ: , , , , , , | コメントする