神様から読む」カテゴリーアーカイブ

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【54】

―「神話部分」を読む ― 三貴子の分治 ③ 引き続き「古事記伝」から宣長の解釈を紹介していきます。 黄泉の国は、凶悪(まがこと)でイザナミが移り住み永くとどまった国だから、 世の中の凶悪の行き着くところであり、 同時に世 … 続きを読む

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む, イザナギ, 神様から読む, イザナミ, アマテラス | タグ: , , , , | コメントする

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【53】

―「神話部分」を読む ― 三貴子の分治 ② 次に月讀(つくよみの)命に詔りたまはく。 「汝命(ながみこと)は、夜(よる)の食(を)す国をしらせ」と 事依(ことよ)さしたまひき。 次にツクヨミの命に向かって仰せられた。 「 … 続きを読む

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む, イザナギ, イザナミ, スサノヲ, アマテラス | タグ: , , , , , , | コメントする

古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』【52】

―「神話部分」を読む ― 三貴子の分治 ① 「禊」の過程で十四柱の神が現れましたが、 最後に現れた天照大御神、月讀命、建速須佐之男命はイザナギにとっても特別でした。 このとき伊邪那伎の命、いたく歓喜(よろこ)びて詔りたま … 続きを読む

カテゴリー: 古事記おじさんの『21世紀の視点で古事記を読む』, 連載を読む, イザナギ, 神様から読む, アマテラス | タグ: , , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【40】

ナガスネヒコ≪その四・完結編≫ 古事記が完成してから約100年後、桓武(かんむ)天皇の平安時代に入ってから、大和王権(高天原族)は東方(蝦夷の地)の征服を本格化します。 このときの総司令官が坂上田村麻呂(さかのうえのたむ … 続きを読む

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, 神様から読む, ナガスネヒコ | タグ: , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【39】

ナガスネヒコ≪その三≫ 神武が征服しようとした時期の奈良盆地の統率者が、ナガスネヒコと称される人物だったのでしょう。 このナガスネヒコと古代出雲の関係は『古事記外伝―イズモ・クロニクル―』に書いています。 あの作品で、ス … 続きを読む

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, 神様から読む, ナガスネヒコ | タグ: , , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【38】

ナガスネヒコ≪その二≫ ではナガスネヒコとは、どのような人物だったのでしょうか? 単純な発想ですが、名前から「スネが長い」と受け取れます。 「スネが長い」ということは手足が長いということです。 他の部族に比べて「手足が長 … 続きを読む

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, 神様から読む, ナガスネヒコ | タグ: , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【37】

ナガスネヒコ≪その一≫ このシリーズの最後として、ナガスネヒコをご紹介します。 実は、彼が登場するのは中巻(なかつまき)・神武天皇の項ですから、神話部分ではありません。したがって彼は神ではなく、歴史上の人物ということにな … 続きを読む

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, 神様から読む, ナガスネヒコ | タグ: , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【32】

タケミナカタ≪その四・完結編≫ スサノヲの資質を受け継いだタケミナカタは、出雲再興のため、母スセリ姫の指示に従い東の果て諏訪の地へ退いたのではないかと思います。 他方高天原勢力は、アマテラスの血筋であるコトシロヌシは生か … 続きを読む

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, タケミナカタ | タグ: , , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【31】

タケミナカタ≪その三≫ 古事記は大国主と正妻スセリ姫の子供について、また大国主の息子タケミナカタの母親について何も記していません。そこには何かしら意図的なものが感じられます。 その意図とは、アマテラスの孫でもあるコトシロ … 続きを読む

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, タケミナカタ | タグ: , , , , , , , | コメントする

もしも古事記の神々が人間だったら・・・【30】

タケミナカタ≪その二≫ なぜ、タケミナカタだけが戦い、そして敗れたにもかかわらず殺されなかったのか? この点を考えるヒントとして「大国主の子供として書いているにもかかわらず、大国主の系譜には書かれていない」ところに注目し … 続きを読む

カテゴリー: 連載を読む, もしも古事記の神々が人間だったら・・・, タケミナカタ | タグ: , , , , , , , | 6件のコメント
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ>>